トップページ >    2020.6.12. トップページを更新しました。

アメリカ・レディングアシュラムの百日草畑にて 東京での講和

ナーラーヤン内垣(内垣日親)。神話学・宗教・哲学研究者であり詩人。 日本、インド、アメリカ等で文化交流・布教活動を行い、宗教に頼ることなく 宇宙的、科学的、芸術的、民主主義的な新しい人類救済の道を示した。



6月のお便り

今月もコロナのために集会はお休みいたします。
最近の情勢を鑑み、世界が平和であることを強く祈らずにはおれません。

     「民主主義の基本」

人類はこのままでは滅亡あるのみである
我々は過去の失敗をこれ以上繰り返してはならない
その失敗の原因は人間は互いに
同じ人間であるということを忘れたからである
「私も人間 あなたも人間」
この基本的真理を思い浮かべない以上
この地球上の人類は救われない
この地球をも救うことはできない
もう過去のあやまちを繰り返しては
全てが破滅におわってしまう
人種差別 民族 国家 あらゆる差別をなくし
破壊と闘争から人の生きる権利を守らねばならない
いかなる人種をも 差別して締め出してはならない

ナーラーヤン・内垣


  書籍『バガヴァッド・ギータ』について

永らく皆さまにご愛読いただきました書籍『バガヴァッド・ギータ』プラバヴァーナンダ、 クリストファー・イシャウッド共著 熊澤教眞訳ですが、 この度ヴェーダーンタ文庫版は完売となりました。皆さま有難うございました。
同じ翻訳者による改訂版が『新日本文芸協会』様から出版されておりますので、 今後はそちらからお求めいただきますようお願いいたします。